FC2ブログ
令和元年に創立60周年を迎える『西高宮剣錬会』です。剣士たちを応援する活動の記録。

2019/101234567891011121314151617181920212223242526272829302019/12

第141回福博少年剣道錬成大会

令和元年11月24日日曜日、
久しぶりの雨が降る中、第141回福博少年剣道錬成大会が開催されました。

朝7時に西高宮小学校に集合。
20191126090528573.jpg

早川先生より、
『先日の昇級審査会でも言われましたが、声をしっかり出して日頃の稽古の成果を出せるように頑張りましょう』
首藤先生より、
『まず、挨拶をきちんとする!前を通るときは「失礼します」と言う。靴を揃える。この3つを心がけて下さい』
とのお言葉をいただき、いざ会場の東区の立花高等学校へ出発!

8時過ぎには小中学生とも会場へ入り、準備を整え、アップ開始。
2019112609060427d.jpg


小学生は島田由美先生と、中学生は首藤先生と、それぞれ監督の先生との熱心なミーティングを済ませ気合い充分です。
201911260906386b7.jpg
20191126090654fb1.jpg


9時より開会式。
201911260906195b0.jpg

審判長より、
『引き分けや反則で1本などがないように、しっかり1本をとる清々しい剣道をしましょう』
との指導を受け、いざ試合開始です!
20191126090713113.jpg

201911260907313d8.jpg
201911260907465d6.jpg
20191126090757599.jpg
2019112609083306d.jpg
20191126090851b28.jpg
20191126090903fe0.jpg


結果は…
惜しい場面も沢山ありましたが、
小学生 4勝3敗1分 第4位
中学生 3勝4敗1分 第6位

チームのために結果を残そうと皆で頑張りました!

首藤先生より、
『優勝チームとの違いは…「気迫」』
島田由美先生より、
『身を入れて稽古することによって、気迫のこもった剣道が出来るようになる』
とのお言葉をいただきました。

今回は、直前に体調を崩した子が多く、出場人数が少なくなってしまいましたが、
小学6年生にとっては最後の団体戦でした。

剣錬会主将として、またチームの大将として、1年間下級生を引っ張ってくれた原東冶くん。
201911260908125b2.jpg

今回も6年生は原くんが唯一の出場で責任が重い中、しっかりとチームをまとめてくれました。

6年生の思いを引き継ぎ、バトンを受け取る下級生たちは、しっかり今日のことを胸に刻み、次につなげてもいきましょう!
20191126090945b07.jpg



監督・審判をして下さった先生方、、応援に来て下さった先生方をはじめ、保護者の方々、朝早くからありがとうございました。

また、今回の主管として沢山の準備をして頂きました美和台少年剣道部の皆様、本当にありがとうございました。

次回(令和2年5月予定)の主管は、我々西高宮剣錬会です!

60周年記念大会同様、保護者の方々のお力が必要不可欠です。ご協力の程よろしくお願いします。

選手の皆さんは、今回以上の結果が残せるよう、気合いを入れて今後の稽古に臨みましょう!

がんばれ少年剣士!
がんばれ西高宮剣錬会!