平成26年に創立55周年を迎えた『西高宮剣錬会』です。剣士たちを応援する活動の記録。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

筑紫楯争奪剣道大会

6月11日(日)
宮竹少年剣道クラブ主管のもと、筑紫楯争奪剣道大会が行われました。
今回は中学生1チーム、高学年2チーム、低学年2チーム、計28人の子ども達が参加しました。

写真25
小雨が降る中集合。中島先生から「堂々と戦っていこう」と挨拶がありました。前日、井上先生からも「総合優勝は取得本数で決まります。みんな、しっかり二本勝ちを目指して頑張ってください。」とお話もあり、去年は総合二位だった我が剣錬会。
さぁ、一本でも多く取りに行こう!

いざ!試合開始!!
写真6

低学年の部では初めての団体戦の子ども達もいて、監督中心にみんながお互いに声をかけあっています。一試合ごとに監督中心にミーティング。5人、6人チームで大将がつねにみんなを引っ張ります。その場を離れる時もちゃんと大将に声をかけて、単独行動は許されません。
写真17 
写真4

リーグ戦なのでもちろん剣錬会AB対決もあり。(一番緊張したー!という声が…)
写真21 
写真20

後半は早々と試合が終わった中学生も一緒に応援。一本入るごとにわぁっと歓声と拍手があがり盛り上がる会場。
写真13

剣道は礼に始まり礼に終わり。終わって最後面を持って試合場を出るときも揃って礼をしている低学年の姿に今日の成長を感じました。勝った負けただけでなく、試合の入り方、蹲踞、構え、団体行動・・・たくさんの学びの場だったなと感じます。
写真18

試合結果
中学生 2位(本数では断トツ1位なのが悔しい!)
写真31
高学年A 3位(負けなしなのに…悔しい!) B 7位
写真30
写真29

低学年A 優勝(全勝!!) B 3位
写真32
写真8  写真1

そして総合優勝!低学年Aチームが6試合、5人で40本とったのが大きかった!それでも各チームの頑張りならでは。
みんなの一本一本が総合優勝につながりました。
写真11

閉会式の審判長有村先生の話、終了後の島田先生、中島先生のお話にもありましたが、優勝に喜んでも、各自反省はたくさんあり、剣錬会全体としての課題は声。挨拶、返事、気勢の出し方。常日頃の稽古でまず一人一人がしっかりとした大きな声を出すこと!真剣に聞いている子どもたち、明日になったら忘れてるってこと、ないようにね!!
写真10 写真9


そして何より、勝って感謝、負けて感謝。
今日の大会のためにたくさんの方が動いてくださっていました。たくさんの準備・運営に携わってくださった宮竹少年剣道クラブ様、審判や監督の先生、保護者の方、応援に来てくださった皆様、本当にありがとうございました。

写真27








コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kenrenkai.blog116.fc2.com/tb.php/404-7cd8b5cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック