FC2ブログ
令和元年に創立60周年を迎える『西高宮剣錬会』です。剣士たちを応援する活動の記録。

2019/101234567891011121314151617181920212223242526272829302019/12

創立60周年記念祝賀会

記念大会後、KKRホテル博多にて60周年記念祝賀会が行われました。

大人101名、子供42名と沢山の方々にご出席頂きました。
20191011171036c1c.jpg

過去の周年大会や、子供たちの様子など、懐かしい写真をお持ち寄りいただき、思い出写真のコーナーが出来上がりました。

特にOBの方々が懐かしい様子で見られていました。

祝賀会では、まず井上会長よりご挨拶。
20191011170906962.jpg


来賓の結城先生より、祝辞も頂きました。
20191011170922a76.jpg

『70年、100年と、パイオニア精神をいつまでも持ち続け、西高宮剣錬会が発展しますように』と激励のお言葉をいただきました。


そして、井上会長から中武先生へ、永らく剣錬会を支えて頂いた感謝状と記念品の贈呈。
2019101117093176c.jpg

中武先生は、30年ほど前に、息子さんと一緒に剣道を始められたとのこと。
その後に福吉先生や中島先生も剣道を始められて、今の剣錬会へとつながっているそうです。

剣錬会の歴史を知ることが出来て、感慨深くなりました。

そして、的野先生に乾杯のご発声をいただき、歓談が始まりました。
20191011170940cf4.jpg


今回、60周年の記念品として、面タオルと風呂敷が贈呈されたのですが、この風呂敷をデザインされたのが、保護者の石原さんということで、デザインへの思いをお話いただきました。
2019101117095038c.jpg

『風呂敷に採用した市松模様は、古くより織り模様として存在している日本の伝統模様です。
柄が途切れることなく続いていくことから、繁栄(子孫繁栄や事業拡大など)の縁起を担いでいます。
市松模様の中に、西高宮剣錬会のロゴをオリジナルで作成して入れており、これからも地域の剣道教室として、西高宮剣錬会が継続発展していくよう願いを込めました。』

石原さん、剣錬会への愛情の詰まった風呂敷の製作、本当にありがとうございました。

なかなか風呂敷を使うことのない子供たちも、この機会に使い方を覚えて、長く大切に使って欲しいです。


その後、60周年記念大会で演武を披露した子供たち(2名は欠席)と、見事大会でトーナメント優勝した剣錬会Aチームの選手(3名は欠席)が壇上で紹介されました。
201910111709582a7.jpg
201910111710067b8.jpg


演武や試合の時とは違う、恥ずかしそうな表情が見られました。
素敵な演武や素晴らしい試合をありがとう!!

最後に、壇上で皆で記念撮影。
20191011171013233.jpg

いつもお世話になっている先生方、大人の会の方々。

20191011171020d73.jpg

元気いっぱいの剣錬会の子供たち。

これからの成長が楽しみです。
先生方、よろしくお願いします。

実行委員長の田中さんからの挨拶。
20191011171938453.jpg

『2年7か月前に実行委員会を発足して計画してきました。役員の方々と一緒に1つ1つ丁寧に事を進めていきました。無事に大会も終わり、剣錬会が次の世代に繋がっていってくれることを願います。』

そして、早川先生による中締めのご挨拶。
20191011171946d15.jpg

『かつては朝六時半から登校前に一時間稽古をしていました。剣錬会、剣道で一緒に汗を流した仲間と、剣道を通じてこうやって集える人間関係を築くことが出来る剣錬会に万歳!』

無事に西高宮剣錬会が60周年を迎え、記念大会と祝賀会を終えられたのも、地域の方々や各道場・教室の方々からのご支援、先生方や保護者の方々のご協力があってこそです。

本当にありがとうございました、深く感謝申し上げます。

令和元年10月6日
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kenrenkai.blog116.fc2.com/tb.php/537-69ee3f16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック